医療の現場で働きたいあなたに−アドバイス集−

ツイートする

医療の現場で働きたいあなたに−アドバイス集−

一昔前は体調不良の時は、下手に売薬を飲むよりは医者に掛かった方が薬を安く処方してくれた覚えがあります。ですが最近は、医薬分業とのことで、医者で金が掛かり、薬局でも金が掛かり、さらには保険料負担の割合が変わってきていることもあって、金額的には完全に売薬の価格を抜いてしまった感があります。しかし、医者の診療してくれる分野というのも広がってきていて、やはり医者に掛かるということの大事さを思い知らされます。一昔前ならば、メンタルなどというものは相手にされませんでした。その他、AGA、ニキビ、過敏性超過剰反応症候群などなど、かつては病気と認識されていなかったものが、医者の治療で改善するものであることが分かってきたり、新薬の開発により、ED、禁煙外来といったジャンルも一般的になってきて、医者は便利な存在になってきているような気がします。高齢者社会を迎えるにあたり、こうした医者の需要はますます高まっていくものと思いますが、最近の病院に行ってみると、昔ながらのナース服の看護師さんが少なくなっているような気がして、寂しい限りです。
バイト探しはイーアイデム。「あなたの街」のお仕事が探せる求人サイトです。
Copyright (C)2014医療の現場で働きたいあなたに−アドバイス集−.All rights reserved.